借地権買い取りの交渉

借地権の買い取り交渉は、どこの不動産会社でも上手に取り扱えるとは限りません。むしろ、借地権の売買に慣れておらず、買い手がなかなか見つからないどころか査定が正しく行われないこともあります。地主との交渉も、引き受けてくれる不動産会社ばかりではないのです。

借地権の買い取りになぜ交渉が必要になってくるのかといえば、地主が売却を認めないケースも多いためです。地主にとっては、貸しているとはいえ自分の土地です。売却するとなれば、易々とは決められない事情もあるでしょう。売却によって得られるメリットが明確にならない限り、借地権の買い取り交渉にスムーズに応じてくれなくても当然です。そのような交渉に慣れた専門家に相談することが、借地権の買い取り交渉成立につながります。

借地権のある土地に建つ建物を更地にするためには、費用がかかります。しかし、借地権の買い取りに必要なことであれば止むを得ません。ときには、建物が建ったままでも、借地権の買い取りに応じてもらえる場合があります。そのような交渉事も、問題なく成立させるには、専門家への相談が有効です。査定や買い取りの交渉によく通じている専門家に相談すれば、より有益な結果に到達することができるでしょう。

借地権売買の問題点

借地権は、自分が必要なときなら有効活用しやすいものです。ところが、借地権を相続するということもあります。その場合に多いのが、借地権の売買におけるトラブルです。特に、賃貸権での問題は、近年発生頻度が高まっているといいます。

借地借家法では、旧来、土地を借りている側に主な権利がありました。しかしこれでは、土地を貸している側に不利なこともあり、究極的には貸した土地が返ってこないような問題も起こりやすかったのです。そのため制定されたのが、定期借地権などが盛り込まれた新法です。平成4年から新しくなった借地借家法ですが、存続期間が明確になった現在でも、借地権売買におけるトラブルは起こっています。理由は、土地の貸し借りにおける複雑な人間関係も一因しているでしょう。

借地権の売買は可能であるにもかかわらず、地主が売却に承諾しない、契約書上で売却不可となっているという問題が出てくることもあります。それ以前に、借地権を持っている土地に建てた建物が、スムーズに売却できるような状態と思えないといった心配をしているケースもあります。交渉がこじれてしまうと、弁護士を介して裁判になるようなこともあるのです。大きな問題に発展しないうちに、専門家に相談するのが賢明です。

借地権の様々な種類

借地権にも、さまざまな種類があります。地代が有償か無償か、また土地を借りる目的が建物を建てるためかその他かによっても、種類が異なるのです。いずれにしても、借地権の買い取りに関する問題は多発しています。まずは、借地権の種類について、理解しておきましょう。

借地権には、大きく分けて2種類あります。1つは建物を建てるために借りる借地権で、もう1つはその他の目的のために借りる借地権です。2種類の中にも、それぞれ3種類の借地権があります。建物を借りるための借地権には、地代が有償の賃貸権、地代が無償の使用借権、さらには地代が有償か無償の地上権があるのです。

建物を建てる以外の目的で借りる借地権には、地代が無償の使用借権、地代が有償か無償の地役権と地上権とがあります。これだけの種類の借地権がありながら、借地権の多くは賃貸権であるのも特徴的です。また、近年問題が発生しがちなのも、賃貸権です。従来は貸した土地が地主に戻らないなどのトラブルが頻発していたものの、平成4年に改正された新法では、定期借地権が制定されています。まずは、借りている土地の権利がどの借地権の種類にあたるのか、あらかじめ正確に把握しておきましょう。

借地権買い取りの相談

借地権の買い取り問題に、悩む人が増えています。買い取りには地主との交渉が必要ですが、一筋縄ではいかないことも多いもの。そこで利用すると便利なのが、専門家への相談です。一般的な不動産業者にも、借地権の買い取りに詳しいところと詳しくないところとがあります。借地権の買い取りにはどのような問題点が起こりやすいのか、借地権の種類から理解しておきましょう。

借地権にもいくつかの種類があり、それぞれに特徴があります。当然のことながら、買い取りの際には関連する借地権について把握しておくことが重要です。多くは地代が有償の賃貸権で、買い取りの際に交渉が難航しやすいのも賃貸権です。そこで、平成になってから制定された法律が、定期借地権。借りている土地の権利がどの種類の借地権にあたるのかは、きちんと理解しておいたほうがよいでしょう。

借地権の買い取りで発生する問題は、少なくありません。地主との交渉がこじれることもあり、専門家に早めに相談するのが得策です。借地権の買い取りにあたって発生しやすい問題にはどのようなことがあるのか、知っておきましょう。

借地権買い取りの交渉では、現存する建物をどうするか、借家人はどうなるのか、正しい査定が行われているのかなど、地主が売却に同意するかと共に出てくる問題もあります。交渉をスムーズに成立させるためには、専門家に相談するのが一番です。借地権の買い取り交渉に必要なポイントも、あらかじめ明確にしておきましょう。