借地権の様々な種類

借地権にも、さまざまな種類があります。地代が有償か無償か、また土地を借りる目的が建物を建てるためかその他かによっても、種類が異なるのです。いずれにしても、借地権の買い取りに関する問題は多発しています。まずは、借地権の種類について、理解しておきましょう。

借地権には、大きく分けて2種類あります。1つは建物を建てるために借りる借地権で、もう1つはその他の目的のために借りる借地権です。2種類の中にも、それぞれ3種類の借地権があります。建物を借りるための借地権には、地代が有償の賃貸権、地代が無償の使用借権、さらには地代が有償か無償の地上権があるのです。

建物を建てる以外の目的で借りる借地権には、地代が無償の使用借権、地代が有償か無償の地役権と地上権とがあります。これだけの種類の借地権がありながら、借地権の多くは賃貸権であるのも特徴的です。また、近年問題が発生しがちなのも、賃貸権です。従来は貸した土地が地主に戻らないなどのトラブルが頻発していたものの、平成4年に改正された新法では、定期借地権が制定されています。まずは、借りている土地の権利がどの借地権の種類にあたるのか、あらかじめ正確に把握しておきましょう。