借地権売買の問題点

借地権は、自分が必要なときなら有効活用しやすいものです。ところが、借地権を相続するということもあります。その場合に多いのが、借地権の売買におけるトラブルです。特に、賃貸権での問題は、近年発生頻度が高まっているといいます。

借地借家法では、旧来、土地を借りている側に主な権利がありました。しかしこれでは、土地を貸している側に不利なこともあり、究極的には貸した土地が返ってこないような問題も起こりやすかったのです。そのため制定されたのが、定期借地権などが盛り込まれた新法です。平成4年から新しくなった借地借家法ですが、存続期間が明確になった現在でも、借地権売買におけるトラブルは起こっています。理由は、土地の貸し借りにおける複雑な人間関係も一因しているでしょう。

借地権の売買は可能であるにもかかわらず、地主が売却に承諾しない、契約書上で売却不可となっているという問題が出てくることもあります。それ以前に、借地権を持っている土地に建てた建物が、スムーズに売却できるような状態と思えないといった心配をしているケースもあります。交渉がこじれてしまうと、弁護士を介して裁判になるようなこともあるのです。大きな問題に発展しないうちに、専門家に相談するのが賢明です。